「僕のシスター」イメージイラスト

シスターの胸中

はじめての夜

********

すると、レヴィがむにゃむにゃ言いながら、
 彼女のウエスト部分に両腕をまわしてきた。

 「レヴィ…さま…?」

 シスターは思わず体を緊張させた。
 彼の腕は細いが骨ばっていて、
 背中に感じられる胸は、かたい男性のものだった。

自分の心臓が、きゅっとするのをシスターは感じた。

2.「シスターの胸中」より


back